亀山 満開ミツマタの花楽しむ 天空の森ウォーキングツアー 三重

【満開のミツマタを楽しむ家族連れ=亀山市安坂山町の「天空の森」で】

【亀山】三重県亀山市の市民団体「みつまたを愛する会」(松井隆幸会長)は15日、天空の森みつまたウォーキングツアー(同実行員会主催)を開催し、市内外から48人が参加した。

参加者らは、亀山市安坂山町の石水渓野外研修施設を発着点に、同町地内の新名神高速道の高架下にある天空の森まで片道約3キロを歩き、同森に咲き誇る約3千本の満開のミツマタの花を楽しんだ。

同市みずほ台から家族4人で参加した、谷延亮さん(51)は「生まれは亀山ですが、約20年間千葉市に住んでおり今年4月に家族で亀山に戻りました」といい、「このような素晴らしい所があるとは知りませんでした」と話していた。

同会は、新名神高速道の高架下を「天空の森」と名付け、平成26年から毎年ミツマタの苗木の植樹をしている。今年は4月19日に植樹をする。参加費は大人500円(中学生以下無料)。申し込みは同会HP=http://kirakame.sakura.ne.jp/mitumata/。問い合わせは松井代表=電話090(7600)3274=へ。