草刈り機用安定板で新商品 津の農機具メーカー 北村製作所「ラクエアー」発売 三重

【ジズライザーシリーズの新商品「ラクエアー」を紹介する北村代表=津市庄田町の北村製作所で】

【津】三重県津市庄田町の農業園芸機具メーカー、北村製作所(北村清司代表)はこのほど、同社開発の草刈り機用安定板「ジズライザー」シリーズの新商品「ラクエアー」を発売した。カートリッジ式のナイロンコードを使って使い手の好みに合わせられる商品で、北村代表(75)は「ここまで簡単なものは世界でも珍しい」と胸を張る。

「ジズライザー」は草刈り機の刃の下に取り付け、地面を滑らせて使うことで使い手の負担を軽減する円盤型の商品。刈刃専用やナイロンコードと併用する型など10種類あり平成19年の発売以来累計販売台数は400万台を超える。

11種類目となる「ラクエアー」はナイロンコード併用型。従来品は製品にはめ込んで使う長さ20センチのコードが3分の2摩耗すると新しく取り換える仕様だったが新商品は本体内側に3メートルのロングコードのカートリッジを取り付けることで、これまでより80%コードの無駄が減らせる上、使う場面に合わせコードの長さを自由に調節できるという。

同社は今年創業50周年。北村代表は購入者からのアンケート全てに目を通しより良い商品づくりにつなげており「お客さんの喜んだ顔が一番うれしい。常に初心に戻りこつこつやっていく」と話した。

「ラクエアー」は2948円。専用カートリッジは416円(いずれも税込み)。問い合わせは同社=電話059(256)5511=へ。