大台町 新年度当初予算案 一般会計68億円 新規に森林経営管理業 三重

【多気郡】三重県大台町は4日、令和2年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比0・6%増の68億3182万円。

町税は町民税の減の一方、太陽光発電施設の固定資産税の増が見込まれ、同8千円増の9億9530万円を見込む。

新規事業として森林環境譲与税を活用した森林経営管理事業4100万円を計上。百ヘクタール間伐し、管理されていない森林500ヘクタールの所有者への意向確認調査を実施する。林業後継者育成支援事業に345万円を充てた。

令和3年春に道の駅奥伊勢おおだい隣接地に大手民間ホテルが開業するのに合わせた道の駅環境整備事業に1150万円を計上。アウトドア等資源活用事業に737万円を充てた。

防災では、災害からライフラインを守る事前伐採事業に1474万円、見守りカメラ設置事業に363万円、ハザードマップ作成事業に575万円をそれぞれ盛り込んだ。