新型ウイルス 三重県内40代男性が感染 カンボジアなどから帰国

三重県は4日、県内の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。カンボジアなどから帰国した後、中部国際空港にある検疫所で感染が確認された。空港の検疫所で感染が確認されるケースは全国初。県内居住者の感染は、外国籍の50代男性に続いて2人目となる。

県によると、男性は2月16日に出国し、カンボジアに渡航。フィリピンに移動した同21日ごろに熱があった。その後、カンボジアに移動して3月3日に現地の医療機関を受診し、経過観察となった。

4日にベトナム経由で帰国し、中部国際空港にある検疫所の相談室を訪れて息苦しさや咳、胸部の痛みを訴えた。検疫所のPCR検査で感染を確認。愛知県の医療機関に搬送され、入院している。

県の新型コロナウイルス感染症対策チームは男性の感染経路について「どの時点で発症したかが特定されていないため、現時点では分からない。国や愛知県を通じて情報収集に努める」としている。

また、チームは男性の行動歴について「把握できていない」と説明。男性が居住する市町の公表については「国内で感染したことが特定され、県民のリスクに関わる情報であれば公表する」としている。

鈴木英敬知事は「患者の一日も早い回復を祈る。県外の医療機関ではあるが、積極的に情報を収集するよう担当部に指示した。感染拡大の防止と県民の不安解消に全力を挙げる」とのコメントを出した。