「東海・北陸Bー1グランプリin四日市」をPR 亀山市長を表敬

【櫻井市長(右から4人目)にBー1グランプリのPRに訪れた五団体の代表者ら=亀山市役所で】

【亀山】「ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(通称愛リーグ)に加盟する県内五団体の代表者ら七人が28日、亀山市役所の櫻井義之市長を表敬訪問し、5月16、17日に四日市市三滝通り周辺で開催する「東海・北陸Bー1グランプリin四日市」のPRと協力を仰いだ。県内で初めて開催する。

県内五団体は、亀山みそ焼きうどん本舗▽四日市とんてき協会▽津ぎょうざ小学校▽Do It!松阪鶏焼き肉隊▽名張牛汁協会。同グランプリには、県外から「富士宮やきそば学会」や「高浜とりめし学会」など10団体と兵庫県明石市の「あかし玉子焼きひろめ隊」など4団体がゲスト参加する予定。

櫻井市長は「思う存分に準備して頑張って。他の市長と共に楽しみにしている」と激励した。四日市とんてき協会の塚本康雄理事(65)は「現在、開催の方向で準備をしているが、新型コロナウィルスの感染状況に注視しつつ、4月中旬に最終判断する」と話した。