亀山市の11小と3中学校、3月2日から春休みまで休校 幼稚園も 

【亀山】亀山市教育委員会(服部裕教育長)は、新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、3月2日から市内11小学校と三中学校を春休みまで休校すると決め、28日開いた臨時小中学校校長会で周知した。

3月16日の中学校卒業式と19日の小学校卒業式は、いずれも規模を縮小し、卒業生と保護者のみが出席、在校生は出席しないとした。また、24日もしくは25日を登校日として終業式を行う。保護者には、市長と教育長の連名で通知するという。

市健康福祉部によると、市立四幼稚園は小学校と同様休園に、保育園八園と認定子ども園一園については感染防止対策を徹底し通常通り開園するとした。通常放課後に開設している市内21の学童保育所は、午前中から受け入れられるよう検討しているものの、児童には自宅待機しての感染防止に努めてほしいという。

服部教育長は「国の要請に基づき、子どもの安全を第一に判断した」と話した。