新型ウイルス 三重県が対策連絡会議 国の方針確認、部局に役割分担

【国が示した基本方針の重要事項を確認する対策連絡会議=津市栄町1丁目で】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために国が基本方針をまとめたことを受け、三重県は26日、津市栄町一丁目の県合同ビルで各部の副部長らでつくる対策連絡会議を開いた。国の示した基本方針の内容を確認し、実行に向けて各部局の役割を分担した。

国は25日に基本方針を取りまとめた。感染経路の解明など「水際対策」を主としていたこれまでの方針から、地域の感染者クラスター(集団)への対応に移行。患者が大幅に増えた場合は、一般医療機関で患者を受け入れ、軽症の人は自宅療養としている。

新型コロナウイルス感染症対策チームの担当者は、国の基本方針の中で重要事項を説明し、担当部局に役割を分担。一般の医療機関での患者の受け入れに備えて、産婦人科など感染が疑われる患者の診察を行わない医療機関を決めておくことを確認した。