佐藤「優勝してJ昇格を」 ヴィアティン三重が新入団選手発表 三重

【ヴィアティン三重の上野展裕監督と記念撮影する新加入選手ら=桑名市の同クラブ事務局で】

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重は25日、3月のJFL4季目の開幕を前に、桑名市和泉の事務所で、新入団選手発表会を開き、四日市市出身のFW佐藤洸一(33)ら12人をお披露目した。

昨シーズンの成績は16チーム中10位。就任2季目の上野展裕監督(54)は「最終戦で勝てば5位というところで勝ちきれなかった」と振り返り、補強のポイントとして「最後の1得点、1失点にこだわり、全力を尽くしてくれそうな選手を選んだ」と語った。

同日、Jリーグ参入へ最初の関門となる「百年構想クラブ」に認められた。J3入りへの条件の1つがJFL4位以内だが、J2ヴァンフォーレ甲府から移籍加入した佐藤選手は「優勝して(Jリーグに)昇格したい」と意気込んでいた。

新加入選手は次の皆さん。(年齢の後は守備位置、背番号、出身チーム、出身地)

森建太(25)GK、1、MIOびわこ滋賀、愛知県▽大竹陸(23)DF、2、東京武蔵野シティFC、東京都▽太田賢吾(24)DF、3、いわてグルージャ盛岡、神奈川県▽澤朋哉(22)MF、8、東海学園大、多気町▽下村司(22)MF、11、桐蔭横浜大、東京都▽菊地大輝(22)GK、12、作新学院大、東京都▽廣田隆治(26)DF、13、いわてグルージャ盛岡、兵庫県▽奥直仁(22)MF、16、関東学院大、福井県▽佐藤洸一(33)FW、18、ヴァンフォーレ甲府、四日市市▽望月嶺臣(25)MF、25、京都サンガFC、滋賀県▽久米航太郎(19)DF、27、徳島ヴォルティス、徳島県▽寺下裕貴(22)MF、28、日本体育大、大阪府