伊勢シーパラ 受験生らの必勝祈願 セイウチやカワウソが応援 三重

【だるま型パネルを持ち、必勝を祈願するツメナシカワウソの「ひらり」=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で、この春新たな挑戦に取り組む人を動物と魚たちが特技や特別パネルで応援するイベントが開かれている。4月5日まで。

今月14日から期間限定で南知多ビーチランドに嫁入りしているセイウチ「ヒマワリ」や、春から社会人になる若者、受験生、何かを頑張っている人などを応援しようと企画した。

カワウソと握手&セイウチお食事タイムは、「ねば~ギブアップ!」と書いたパネルを持ったセイウチ「タンポポ」の撮影ができるほか、タンポポが希望者の背中を押して応援してくれる。ツメナシカワウソ「ひらり」は、だるま型パネルを持って必勝を祈願する。

「アザラシタッチ」では、「さいゴマであきらめないで!」と書いたパネルを持ってゴマフアザラシと記念撮影ができる。笑顔の得意なカリフォルニアアシカ「カンタ」はスタッフ手作りのお守りを首に掛け、アシカショーで招福の笑顔を振りまく。

ふれあい魚館にあるカクレクマノミと一緒に写真が撮れる人気の水槽もパワーアップ。クマノミの名前の由来となり、「勇気・強さ」の意味がある歌舞伎の隈(くま)取りの仮面を使って写真撮影が楽しめる。

広報担当の岩山慎さんは「応援する動物たちの写真を撮ってお守りや応援メッセージとして使ってもらえれば」と話していた。

問い合わせは同館=電話0596(42)1760=へ。