伝統の勝田流通り能奉納 伊勢市の栄通神社で

【勝田流通り能保存会による能楽「翁」の奉納=伊勢市通町の栄通神社で】

【伊勢】伊勢市通町に室町時代末期から伝わる市指定無形民俗文化財「勝田流通り能」が23日、同町の栄通神社の例祭に合わせ奉納された。

勝田流通り能は、かつて伊勢神宮に能楽(猿楽)を奉納していた伊勢三座の一つ。約500年前から継承され、毎年、神社の例祭で奉納される。

境内で祭典が営まれ、清めの神事などに続き「勝田流通り能保存会」が、神殿の前で伝統の能楽「翁」の厳かな舞を披露した。

例祭に合わせ、近くの公民館でも能楽が披露され、保存会の会員らが仕舞や狂言、能などの演目を演じ、地域住民らが楽しんだ。