いなべ 22段800体「大ひな段」圧巻 「あげきのおひなさん」始まる 三重

【およそ800体の人形が並ぶ「大ひな段」を楽しむ人ら=いなべ市北勢町阿下喜のウッドヘッド三重で】

【いなべ】三重県いなべ市北勢町阿下喜の商店街の店舗や民家など100カ所以上にひな人形を飾る「あげきのおひなさん」が22日、始まった。3月8日まで。

メイン会場の「ウッドヘッド三重」では、22段に約800体が並ぶ圧巻の「大ひな段」が、訪れた人の目を楽しませている。手作りのつるし飾りや、今夏の東京オリンピック・パラリンピックにちなんで、金や銀のメダルを首から下げたひな人形も並ぶ。

恒例となったイベントも今年で16回目。昨年はメイン会場だけで、県内外から約1万5100人が来場した。

主催する地元の女性グループ「はなもも会」の水元暁美代表(64)は「みんなで一生懸命に飾った。初めての方も何度も来ている人も、おひなさまに会いに来てほしい」と呼び掛けていた。

問い合わせは、ウッドヘッド三重=電話0594(72)6800=へ。