電話相談1日10件 新型ウイルスで鈴鹿保健所 三重

【鈴鹿】亀山、鈴鹿の両市を管轄する鈴鹿保健所は、新型コロナウィルスに対応する総合相談窓口を同事務所内に設置し、電話で対応している。

同事務所によると、当初は数件だったが、全国的に感染者が増加してからは、1日約10件の電話があるといい、「マスクが手に入らない」「感染を防ぐために、手洗いや消毒のほか、なにをすればいいのか」などの電話での相談が多いという。

同事務所の水野正宏副所長は「幸い、管轄内での感染者はゼロ。咳や発熱などの症状がある人は、まずは最寄りの診療所にて受診し、医師の判断を仰いでほしい」と話していた。

相談窓口は、午前9時―午後9時(土、日曜、祝日も対応)。帰国者・接触者外来相談は午後9時―午前9時。問い合わせは同保健所=電話059(382)8672=へ。