津・かざはやの里 梅、例年より3週間早く見頃 三重

【例年より早く見頃を迎えた梅の花=津市戸木町の「かざはやの里」で】

【津】三重県津市戸木町の花園「かざはやの里」の梅が、例年より3週間ほど早い見頃を迎え、甘い香りを漂わせている。3月25日までで期間中無休(早期終了の場合あり)。午前8時―午後5時。入園料500円。高校生以下無料。

同園は15年前に開園し約2万平方メートルの敷地にしだれ梅や立ち梅45種500本がある。運営母体の社会福祉法人の就労施設利用者が施肥やせん定に携わっており入園料は工賃に充てられている。

担当者によると今年は今月初旬の暖かさで一気に開花が進み、ピンク色の「楊貴妃」や「玉牡丹枝垂れ」は既に七分咲き。毎年3月上旬に開花する遅咲き品種の「思いのまま」も二分咲きで「例年の感覚だと見頃を逃す。咲き始めは香りもよいので今月中に来てほしい」と話す。

晴れ間が見られた17日は幼い子を連れた家族や写真講座のグループなどが早春の風情を楽しんでいた。

問い合わせは同園=電話059(255)5755=へ。