東京・三重テラス 「つデイ」2日間で730人 おやつカンパニーを紹介

【多くの来場者で賑わうイベント=東京都中央区日本橋室町の三重テラスで】

三重県津市の文化や観光などの魅力を首都圏で発信する「つデイ」がこのほど、東京都中央区日本橋室町の三重テラスで開かれ2日間で約730人が来場した。今回は 同市に本社と工場を置く「おやつカンパニー」の紹介を通じ、同市をPRした。

同社の歩みや、同社の看板商品「ベビースターラーメン」を使った料理のレシピをパネルなどで展示。ほかにもお菓子の詰め合わせの販売や試食や、同社のキャラクターである「ホシオくん」も登場し会場を盛り上げた。また昨年夏に同市にオープンしたベビースターラーメンのテーマパークである「おやつタウン」の紹介展示もあり、津市への来訪を呼びかけた。

千葉県から来た50代の女性は、「ベビースターラーメンは知っていたが、本社が津市にあるということを初めて知った。おやつタウンにも行ってみたい」と話していた。

同社の木内宏太さんは「たくさんの人に来てもらいおやつカンパニーが津市の会社であることを知ってもらえる機会になってよかった。会社の歴史や新商品も知ってもらえた。今後も津市とおやつカンパニーを知ってもらえるよう頑張っていきたい」と語った。