プラチナパートナー第1号に第三銀グループ 「みえ松阪マラソン」協賛1000万円 三重

【大会旗の前で協賛金目録を示す岩間頭取(左)と竹上会長=松阪市役所で】

【松阪】三重県の松阪市は14日、県内唯一のフルマラソンとなる「みえ松阪マラソン2020」(同実行委員会主催、12月20日)の最高位協賛企業「プラチナパートナー」を発表した。第1号は第三銀行グループに決まった。協賛金として同グループ4社は計1000万円を寄付した。

同行(同市京町)の岩間弘頭取は「大会が成功裏に終わって、毎年続くことを願っている。たくさんの方が県外から来て、松阪以外の地域にも経済効果がある」と期待した。

同実行委会長の竹上真人市長は「たくさんの皆さんの協力があって初めて成り立つ。スポーツの大会であるとともにまちづくりの大会」と感謝。「フルマラソンは7000人募集し、10㌔以下は3000人で、ざっくり1万人。応援の家族、友人も来る。全国から来たランナーにいい大会だったなと言っていただける形にしていきたい」と抱負を述べた。

また、同行本店に「第三銀行グループはみえ松阪マラソン2020を応援しています」と記した縦11.4㍍、横1㍍の懸垂幕を掲げた。