野生イノシシ1頭から豚熱 三重県内感染確認35頭に

三重県は14日、菰野町で見つかった野生イノシシ一頭が豚熱(CSF)に感染していたと発表した。県内で感染が確認されたイノシシは35頭となった。

県によると、感染が確認されたイノシシは12日、同町千草の林で、地元猟友会によって捕獲された。県の検査で14日に陽性が確認された。

捕獲地点から半径十キロ圏の養豚場では、全ての豚にワクチンの接種が完了しているため、今回の感染確認で新たな監視対象農場の設定はない。