帰国者や接触者の相談センター開設 新型ウイルス対策で三重県

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、三重県は10日、県内9カ所の保健所に「帰国者・接触者相談センター」を開設した。発熱やせきなどの症状があり、発症前に湖北省へ渡航した人や帰国者と濃厚接触のある人からの問い合わせを受け付ける。

センターは国からの通知に基づいて各都道府県に設置。新型ウイルスへの感染の疑いがあると判断されれば、保健所が診療体制の整った医療機関を紹介する。午前9時―午後9時までは各保健所が受け付け、時間外は県救急医療情報センター(津市)が対応する。