琴の若関ら豪快豆まき 椿大神社の節分祭 三重

【福豆をまく佐渡ケ嶽親方と琴ノ若関ら=鈴鹿市山本町の椿大神社で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で3日、「節分祭・豆まき神事」があり、県内外から厄除招福を願う参拝者約3千人が訪れた。

豆をまく追儺役には、神男と全国各地から集まった年男、年女、厄年男女約90人と、大相撲の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)と長男の琴ノ若関が特別追儺役として参加した。

天と地に向かって2本の矢を射て一切の厄をはらう「弓の神事」の後、山本宮司の「福は内、鬼は外」の第一声で豆まきが始まった。

今年の神男、辻榮一さん(70)=同市山本町=らが、外拝殿前2カ所に設置した特設舞台から縁起物の福豆10万袋、福扇500本、紅白餅や福銭、菓子約5千個を威勢よくまいた。

境内は参拝者らで埋め尽くされ、春一番の福を授かろうと持参した袋を頭上に広げたり、舞台に向かって「琴ノ若」「こっちに投げて」と声を掛けたりして競って手を伸ばしていた。