国道脇の池に軽乗用車転落 女性1人死亡、伊賀市

【伊賀】30日午後11時50分ごろ、伊賀市島ケ原の国道163号脇の池で、同市西明寺、パート従業員北尾由美子さん(61)がうつぶせになって浮いているのを巡回中の伊賀署員が発見した。北尾さんの軽乗用車も沈んでおり、署は運転中に転落したとみている。

同署によると、池の手前の国道は上り坂の緩やかな左カーブ。国道と池は4、5メートルほど離れている。池の手前にはガードレールがあり、車と接触した跡が残っていた。車はトランクだけが見える状態で沈んでおり、後部座席のドアが開いていた。事故原因は調査中。