新型コロナ県内感染者確認受け 伊勢市が対策本部設置

【伊勢】県内での新型コロナウイルス感染者の確認を受け、伊勢市は31日付で鈴木健一市長を対策本部長とする同感染症対策本部を庁舎内に設置した。

当面の対策として、感染予防のための手洗いや咳エチケット、マスク着用を呼び掛ける啓発チラシを商工会議所や観光協会、市各課が関連する企業などを通じて配布するほか、市教委を通じて小中学校に啓発。また市内公共施設でのポスター掲示、市ホームページやツイッターなどSNS(会員制交流サイト)を通じても注意を呼び掛ける。

感染を疑う症状については、県の相談窓口=電話059(224)2339=(午前9時―午後9時まで。土、日、祝日対応)か、厚労省の相談窓口=電話03(3595)2285=(同)を紹介。このほか緊急時の対応として24時間対応の市民専用窓口「伊勢市健康医療ダイヤル24」の活用も呼び掛けている。