松阪 国道のり面崩落 車乗り上げ横転 三重

【国道166号の崩落したのり面=松阪市大河内町で(三重県提供)】

【松阪】30日午前0時ごろ、三重県松阪市大河内町の国道166号のり面が崩落し、乗用車が崩落土に乗り上げ横転したところに、対向車のトラックが接触する事故が起きた。乗用車を運転していた女性は軽傷。

崩落規模は長さ約10メートル、高さ7―8メートルで、土量約40立方メートル。2車線のうち1車線分に崩れた。