伊勢シーパラにアオイガイ 希少なタコの近縁 卵展示、ふ化目指す 三重

【殻に残されていた卵(伊勢シーパラダイス提供)】

【伊勢】伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市二見町江)にこのほど、二枚貝をまとった希少なタコの近縁種アオイガイが持ち込まれた。展示を始めた翌日の今月27日に水槽内で死んでいるのが確認されたが、殻の内側に房状の卵を発見した。同館ではふ化への望みをかけて展示を続けることに決め、慎重に経過を観察している。

アオイガイは、舟形らせん状の貝殻を持つタコの近縁種の軟体動物で、左右対称に合わせた殻がアオイの葉に似ることが名前の由来。日本近海では太平洋や日本海側の暖海域の表層域を浮遊するように泳ぐ。

同館によると、26日朝に志摩市の沖合に設置された定置網にかかっている体長約15センチのメスの個体を地元の漁師が発見して同館に持ち込んだ。国内での生きた個体の展示例は珍しく、同館ではその日のうちにふれあい魚館で展示を始めたが、翌27日昼すぎに動かなくなっているのを担当スタッフが発見した。

死骸を標本にしようとしたところ、殻の中に房状の卵が見つかったため、人工ふ化への取り組みを続けながら、同じ水槽で同日から一般公開することに決めた。

同館広報担当の岩山慎さん(36)は「残念ながら親の展示は1日半で終わったが、卵の展示も貴重。順調に誕生するところまで展示し、こんな生き物がいることを知ってもらえたら」と話した。