観光ガイドら活動報告 津のボランティア3団体 三重

【日頃の活動を紹介する会員=津市高野尾町の朝津味研修棟で】

【津】三重県津市内のボランティアガイド団体で構成する津市観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会(西田久光会長、会員13団体)の研修交流会が29日、同市高野尾町の朝津味研修棟などであり、活動報告や意見交換などに93人が参加した。

日頃の活動に生かそうと年1回3団体ずつ発表の場を設けており、一志町歴史語り部の会▽久居城下案内人の会▽安濃津ガイド会―が活動を紹介した。

「一志町―」は地域の史跡を案内するガイドウオークや歴史講演会など本年度の行事を動画でまとめた。「久居―」は令和3年まで3年にわたり展開する久居誕生350年の取り組みを紹介した。

「安濃津―」は昨年初めて実施した、古地図アプリを使って津城外堀の平やぐら跡を巡るガイドについて「現在の地図と比較しながら町歩きができ江戸時代にタイムスリップできる。スマホを持っていない人への対応が課題」と述べた。

参加者からは「小学校とはどう連携しているか」や「新会員の確保にどう取り組んでいるか」などの質問があり、各団体が互いの事例を出し合った。