新型ウイルス、三重県が初会合 感染防止策や対応確認

【新型ウイルスの対応策を報告し合う副部長ら=津市栄町1丁目で】

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、三重県は28日、津市栄町一丁目の県勤労者福祉会館で対策連絡会議の初会合を開き、県内で患者が発生した場合の対応や感染防止策などを確認した。

田辺正樹医療政策総括監は、新型コロナウイルスを「指定感染症」や「検疫感染症」に指定する閣議決定を受け、患者に対する入院の勧告や患者の接触者に対する積極的な調査ができるようになると説明した。

医療保健部は、近く医療関係者を対象に説明会を開き、患者への対応方法や院内感染の防止策を周知すると報告。県のホームページなどで新型コロナウイルスに関する最新の情報を発信する考えも示した。

また、雇用経済部は県内の観光施設が新型コロナウイルスの影響で中国人の団体旅行からキャンセルの連絡を受けたと報告。「キャンセルのあった施設や件数については「今後、把握を進める」と説明した。

田辺総括監は会議後、報道陣に「関係者を密に連携を取り、迅速な対応に努める」と説明。感染の疑いに関する情報は「無用な心配を招く」とし、検査で陽性反応が出るまでは公表しない考えを示した。

県によると、対策連絡会議は新型コロナウイルスの感染に関する状況や各部局の対応を全庁的に共有することを目的に、27日付で設置。初会合には関係部局の副部長ら17人が出席した。