松阪スケートパーク 来園者2万人達成 三重

【「祝2万人目!」のボードを持つ西山君と竹上市長(左端)=松阪市山下町のスケートパークで】

【松阪】三重県松阪市山下町の市総合運動公園スケートパークは25日、来園者2万人を達成した。

2万人目は同市鎌田町の小学2年生、西山叶夢君(8つ)。母と兄、妹の4人で来た。西山君は「ほぼ毎日通っていて、とってもびっくりした。毎日練習していて良かったです」と喜び、竹上真人市長から記念品の松阪牛肉1万円相当をもらった。

同パークは昨年4月2日、県初の公共スケートパークとして開場した。建設費約2億7千万円で、面積4730平方メートル。初心者エリアの他、国際大会ができる競技エリアと湾曲したくぼ地を組み合わせたプールエリアがあり、初心者からプロボーダーまで楽しめる。