ガードレールに軽バン衝突 1人死亡、2人重軽傷 松阪の国道 三重

【松阪】25日午後3時55分ごろ、三重県松阪市大石町の国道166号で、同市丹生寺町に住む会社員、上田國昭さん(77)の運転する軽バンがガードレールに衝突。後部座席に乗っていた同市垣鼻町の会社員、幾坂豊司さん(77)が頭を強く打ち、搬送先の病院で約1時間後に死亡した。上田さんは重傷で、助手席の同市宮町、男性会社員(70)も軽傷を負った。

松阪署によると、現場は片側一車線の直線道路で、3人は仕事現場から帰る途中だった。車は道路左側のガードレールに正面衝突していた。同署が詳しい事故原因を調べている。