タブレットで確定申告 知事体験「使いやすい」 三重

【タブレット端末での確定申告を体験する鈴木知事=三重県庁で】

令和元年分の確定申告が来月17日から始まるのを前に、鈴木英敬三重県知事が24日、県庁でタブレット端末を使った確定申告を模擬体験した。

給料以外に講演料の収入があったとの設定で申告。津税務署の職員から説明を受けながら、専用サイトに収入などの必要項目を入力し、6分ほどで終了した。

鈴木知事は「サイトの画面が見やすく、とても使いやすかった」と感想を語った上で「期限までに適正な申告をしてもらいたい」と呼び掛けていた。

国税庁は昨年から、スマホやタブレットの専用サイトを開設している。今年は複数の給与所得がある人など、専用サイトの利用対象を広げた。申告は3月16日まで。