甲子園出場の津田学園高 3年生の進路決まる ほぼ全員、野球継続

2019年に春夏連続の甲子園出場を果たした津田学園高3年生らの進路が決まった。U―18ワールドカップでも活躍したエースの前佑囲斗投手はプロ野球のオリックス、18年秋の東海大会で3戦連続本塁打を放った前川夏輝三塁手は社会人野球のJR西日本(広島県)で日本一を目指す。

大学に進んで野球を続ける選手たちも進学先は有名校、実力校が並ぶ。俊足巧打のリードオフマン、大音壱汰二塁手は東京六大学リーグの明治大、高2から正捕手として投手陣を支えた阿萬田琉希選手は東都大学リーグの東洋大に進む。

勝負強い打撃で高1夏の甲子園でもスタメン入りしている藤井久大右翼手は首都大学リーグの帝京大、守備でも打撃でもユーティリティー性が光る松尾夏希一塁手も同じリーグの東京経済大に進学する。

軟式を含めるとほぼ全員が野球を続けるという。硬式野球部の佐川竜朗監督は「新たな歴史を作ってくれた学年。これからも背中で後輩たちを引っ張って欲しい」と話した。