聖火リレー、盛り上げよう 三重事務局 ボランティア募集

【聖火リレーボランティア募集を呼びかける三重県聖火リレー事務局メンバー=津市本町の伊勢新聞社本社で】

三重県聖火リレー事務局のメンバーがこのほど、津市本町の伊勢新聞社本社を訪れ、4月8日、9日に県内で行われる東京五輪聖火リレーのボランティア募集をPRした。

聖火リレーは3月26日に福島県からスタートし、三重県は7番目の都道府県として実施。4月8日は四日市市~伊勢市までの6区間、9日は伊賀市~熊野市までの6区間をリレーする。

ボランティアは聖火リレー実施の12市2町で合計千人程度募集しており、聖火ランナーの受付、沿道管理、聖火リレールート周辺や式典会場周辺の観衆や交通整理などを行う。

聖火リレー事務局の大澤岳夫さんは「南部地域が特にボランティアが足りていない。グループでの応募も大歓迎。一生に一度の機会だと思うので、一緒にオリンピックを盛り上げられれば」と呼びかけた。

応募資格は県内に勤務または、在住、在学で高校生以上で2月下旬から3月上旬に行われるボランティア研修会への参加が必須。締切は1月31日。申込み・問い合わせは三重県聖火リレー事務局=電話06(6535)7974=へ。