FC伊勢志摩の選手ら指導 明治安田生命がサッカー教室 三重

【サッカー教室に参加した児童と関係者ら=伊勢市大湊町のTOKOWAKAワールドOMOROIグラウンドで(明治安田生命津支社提供)】

【伊勢】明治安田生命津支社(清水経祐支社長)主催の小学生サッカー教室が18日、三重県伊勢市大湊町のTOKOWAKAワールドOMOROIグラウンドであった。社会人サッカークラブ「FC伊勢志摩」の選手らが講師となり、参加した児童26人を熱心に指導した。

明治安田生命は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とタイトルパートナー契約を締結。全国の支社において各地元クラブとスポンサー契約を結び、地域独自の取り組みを行っている。

同支社では子どもの健全育成や地域活性化を目的に、JリーグOBやFC伊勢志摩の選手らを講師に招いた同教室を年1―2回開き、今回で8回目となる。

この日は、中田永一選手や松尾和樹選手ら4人が児童らを指導。シュート練習やゲーム形式で実践的に基本動作や技術を学んだ後、選手と児童らが試合を行い、楽しみながらサッカーの魅力を体感した。