万葉集研究の基礎築く 鈴鹿で国文学者佐佐木信綱特別展

【万葉集研究の基礎を築いた国文学者としての佐佐木信綱を紹介する展示の数々=鈴鹿市国分町の同市考古博物館で】

【鈴鹿】万葉集研究の基礎を築いた鈴鹿市出身の国文学者佐佐木信綱(一八七二―一九六三年)の生涯を紹介する特別展「信綱と万葉集」がこのほど、同市国分町の同市考古博物館特別展示室で始まった。2月24日まで。

例年特別展は同市石薬師町の佐佐木信綱記念館で実施しているが、現在展示室のみ閉鎖中で使用できないため、今年は同博物館での展示となった。

「校本万葉集」の編さんや万葉集の外国語訳に関する資料を中心に、約70点を展示。

全巻展示は平成23年度の特別展以降二回目となる「日本歌学全書」(明治23―24年)、「続日本歌学全書」(明治31―33年)の計24巻をはじめ、20巻全てそろった古写本の中でも最大かつ最古という「西本願寺本万葉集」を信綱が当時の技術で書き写した昭和八年の複製など、貴重な史料の数々が並ぶ。先着500人に展示内容を解説した図録を無料配布する。

同市学芸員の畠一穂さん(二四)は「歌人として知られる信綱だけでなく、国文学者として生涯をかけた信綱の姿を知ってもらえれば」と話していた。

関連イベントとして1月26日、2月22日の各午前10時半から畠学芸員による出展品の解説がある。40分程度。

問い合わせは市文化財課=電話059(382)9031=へ。