不正軽油で1億円脱税容疑 名張の販売業者ら2人逮捕 三重

三重県警生活環境課と名張署は15日、地方税法違反(軽油の未承認製造、給油取引税の脱税)の疑いで、いずれも名張市、石油製品販売業井上聡(50)と新聞勧誘員高橋優(41)の両容疑者を逮捕し、同法違反(不正軽油の原材料の提供)の疑いで、兵庫県西宮市、石油製品加工会社役員、御立政之容疑者(52)を逮捕した。

井上、高橋両容疑者の逮捕容疑は平成30年11月、井上容疑者が経営する名張市赤目町丈六の「関西エネックス赤目給油所」で、知事の許可を受けずに軽油と灯油を混ぜ、約1万4千リットルの不正軽油を製造した疑い。さらに、28年5月から30年11月までの間には、販売した不正軽油(311万7650リットル)の軽油取引税約1億円を脱税した疑い。

御立容疑者の逮捕容疑は30年3月から11月までの間、奈良県五條市の西部砿油で、不正軽油の原料となることを知りながら不正軽油の識別材となる「クマリン」を除去した灯油約1640キロリットルを井上容疑者に提供した疑い。県警は3人の認否について明らかにしていない。

同課によると、県税収確保課から29年11月に情報提供があり、30年11月26、27の両日、赤目給油所など関係先約70カ所を捜索した。高橋容疑者は赤目給油所の元従業員。御立容疑者はクマリンを除去する役割という。