山本県議、近く謝罪と説明 SNS不適切コメントで 三重県議会

三重県議会の共産党会派がSNS(会員制交流サイト)で自民党員の男性に不適切なコメントをした問題で、山本里香県議(2期、四日市市選出)は15日の代表者会議で、近く男性に謝罪すると説明した。

山本県議は代表者会議の終了直前、挙手をして発言を求めた。近く男性と面会した結果を含め、あらためて代表者会議で経緯を報告すると説明。代表者会議のメンバーからは発言はなかった。

問題を巡っては、同会派が先月、フェイスブックで朝鮮学校の幼児教育・保育無償化に反対する投稿をした男性のページに「人権感覚ゼロだね」「ヘイトそのもの」などと書き込み、抗議を受けて削除した。