三重県議会 共産党会派が不適切投稿 朝鮮学校の請願巡りSNSに

三重県議会の共産党会派が先月、SNS(会員制交流サイト)を通じて朝鮮学校の幼児教育・保育無償化に反対の主張を投稿した自民党員の男性に「人権感覚ゼロだね」「ヘイトそのもの」と批判する内容の書き込みをしていたことが14日、分かった。同会派は「不適切なコメントだった」として書き込みを削除した。

男性は先月20日、幼保無償化を求める朝鮮学校の請願に賛成した共産党会派の県議を取り上げて「どこの国の議員か」「共産党は日本の国に要りません」などとするコメントをフェイスブックに投稿した。

この投稿に対し、同会派は「人権感覚ゼロだね。国民から信託を受けて選挙で選ばれた県会議員です。それは民主主義否定、差別、ヘイトそのものですね」などとするコメントを男性のページに書き込んだ。

男性は同会派に「政党がこのようなことを個人のページに書き込むのか」と抗議。同会派は先月23日付で投稿を削除して「不適切なコメントがありましたので、削除しておわびします」と投稿した。

男性は取材に「思想に左右はあるにせよ、政党の公式ページから個人のページにこのようなコメントをするのはいかがなものか。あやふやな謝罪ではなく、公に謝罪して経緯を説明すべき」と話した。

同会派によると、山本里香県議(2期、四日市市選出)の事務所スタッフが書き込んだという。山本県議は取材に「このようなことがないようスタッフを指導した。男性とは近く会って謝罪したい」と話した。

この請願は、学校法人「三重朝鮮学園」の四日市朝鮮初中級学校などが県議会に提出。先月20日の本会議では自民党県議団などの反対で不採択となったが、共産党や新政みえなどは賛成していた。