高校生就職内定率95.7% 10年ぶり前年比減少 三重県教委発表

三重県教委は14日、3月に県立高校を卒業する予定の生徒の昨年12月末現在の就職内定率を発表した。前年同期を1・2ポイント下回る95・7%だった。10年ぶりに前年同期から減少に転じたものの、高水準を維持。就職先を決めかねている生徒が増えたことなどが要因とみている。

県立高校の卒業予定者は1万2031人で、うち就職希望者は3987人。前年同期より242人少ない3814人が内定している。

県立特別支援学校高等部の卒業予定者は255人で、うち就職希望者は71人。前年同期と比べて10人少ない49人が内定し、内定率は前年同期を0・4ポイント下回る69・0%となった。