東名阪で玉突き事故、車炎上3人軽傷 鈴鹿

 

11日午後4時ごろ、三重県鈴鹿市伊船町の東名阪自動車道上り線で、乗用車3台が絡む玉突き事故が発生した。真ん中の乗用車から出火し、約1時間20分後に火は消えた。燃えた車の運転手と同乗者、最後尾の車の同乗者計3人が軽傷を負い、四日市市内の病院に搬送された。事故原因は調査中。

県警高速隊によると、燃えた車は追突の弾みで横転し、しばらくしてから出火したという。この事故の影響で、上り線の亀山ジャンクションから鈴鹿インターチェンジまでの約5.2㌔が午後4時半から3時間通行止めになった。