車にはねられ歩行者女性死亡 鈴鹿の県道

【鈴鹿】10日午後7時ごろ、鈴鹿市道伯町の県道で、歩行者の同市住吉町、不動産業手伝い伊藤征子さん(79)が、同市東旭が丘二丁目、会社員奥出芳之さん(38)の乗用車にはねられた。伊藤さんは頭などを強くを打ち、四日市市内の病院に救急搬送されたが、約3時間後に死亡した。

鈴鹿署によると、現場の県道は直線道路で付近に交差点はあるが、横断歩道はないという。奥出さんは「衝突するまで気付かなかった」と話しているといい、同署が事故の原因を調べている。