若者の働く場所を 熊野市長が年頭記者会見 三重

【記者会見する河上市長=熊野市役所で】

【熊野】三重県の河上敢二熊野市長は6日、市役所で年頭の記者会見に臨んだ。少子化対策や産業振興などを市政の課題に挙げ「人口減少の歯止めをかけるためには、若い人が働く場所をつくることを考えなければならない」と述べた。

市のふるさと納税については、平成30年の6040件1億6604万円から、令和元年は6620件2億2171万円に増額したことを明らかにした。

河上市長は「返礼品の品目を増やす努力をしてきている」と述べ、167品目から204品目に増やしたことなどが増額の要因とみている。