春高バレー 男子・松阪工が初戦快勝 女子・三重はきょう誠修戦

バレーボールの第72回全日本高校選手権(春高バレー)は5日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕した。初日は男女1回戦が行われ、男子・松阪工は雄物川(秋田)に25―21、25―20でストレート勝ちした。

6日の2回戦でベスト16進出を懸けて川崎橘(神奈川)と対戦する。また2回戦から登場する女子・三重の初戦の相手が誠修(福岡)に決まった。

47都道府県代表の男女各52校(東京は3校、北海道、神奈川、大阪は各2校)が出場し、12日までトーナメント形式で対戦する。