春高バレー 男子・松阪工きょう初戦 女子・三重はあす

バレーボールの第72回全日本高校選手権大会(春高バレー)は5日から12日まで東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれる。都道府県代表の男女各52校(東京は3校、北海道、神奈川、大阪は各2校)が出場し三重、県内からは男子・松阪工、女子・三重が出場する。

5年連続出場の松阪工は5日の1回戦で雄物川(秋田)=25年連続25回目=と対戦する。過去2大会はいずれもベスト16。高2から試合経験を積んできた3年生を中心に磨きをかけたコンビバレーでベスト4を狙うと意気盛んだ。

3年連続出場の三重は6日の2回戦から登場して誠修(福岡)=2年ぶり17回目=と高松商(香川)=4年ぶり10回目=の勝者が初戦の相手。3年生セッターの水谷花主将を中心とした抜群のチームワークで上位進出を目指す。