「解散なら必ず政権奪取」 年頭会見で立民・枝野代表

立憲民主党の枝野幸男代表は4日、三重県の伊勢神宮に参拝した。参拝後、伊勢市宇治中之切町の神宮会館で年頭の記者会見に臨み「解散総選挙があれば必ず政権を奪取し、一人一人の暮らしに着目した政治に変える年にする」と新年の抱負を語った。

福山哲郎幹事長や長浜博行参院議員会長ら党幹部と共に参拝。県連代表の芝博一参院議員(三重選挙区)や昨年9月に入党した中川正春衆院議員(三重2区)、県連代表代行の松田直久元衆院議員も同行した。

枝野代表は記者会見で、参拝を振り返り「今年一年、政権を変えるために頑張っていこうと決意を新たにした」と述べた。合流に向けた協議が進む国民民主党の玉木雄一郎代表と一緒に参拝しなかった理由を問われ「呼び掛けている対象は国民民主党だけではない」と説明した。

立憲、国民両党の幹事長が合流に向けて基本合意したことを受け「さまざまなハードルを乗り越えて大きく前進した」としつつ、玉木代表との党首会談については「そんなに遠くない時期になると思うが、具体的には申し上げられない」と述べるにとどめた。

一方、野党統一候補が敗れた昨年の参院選三重選挙区を「大変良い候補者にもかかわらず、当選に至らなかったのを残念に思う」と語った。早ければ2月に衆院選が予想されるとした上で、三重4区について「少なくとも自民党に対抗する勢力の候補者が出なければならない」との考えを示した。