防火、防災への誓い新たに 度会町で消防出初め式

【中村町長(右)の観閲を受ける消防団員ら=度会町役場駐車場で】

【度会郡】三重県度会町消防出初め式が3日、同町棚橋の町役場駐車場であった。同町消防団(小野榮士団長)の団員112人や中村忠彦町長ら関係者約30人が出席し、防火や防災への誓いを新たにした。

中村町長は団員らを観閲した後、「いつ来るか分からない災害に備え、町民の命や財産を守るためには自助・共助・公助が一体となり、地域の防災力を高めていくことが重要。今日の出初め式を契機に決意を新たにしてもらいたい」と訓示。長年、消防活動に尽力した団員7人が表彰された。

県防災航空隊や伊勢市消防本部が協力し、防災ヘリコプターとはしご車が参加した山林火災消火訓練も行われ、団員らが士気を高めた。