四日市 警官の胸ぐらつかみ蹴る 容疑の男逮捕 走るパトカーを「あおり」 三重

【四日市】三重県警四日市南署は29日、公務執行妨害の疑いで、愛知県尾張旭市南本地ヶ原町、自称とび職井坂有星容疑者(20)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後9時50分ごろ、四日市市堀木2丁目の市道で、同署地域課の男性巡査(25)に職務質問された際、男性巡査の胸ぐらをつかみ、左足を1回蹴った疑い。

同署によると、井坂容疑者は巡回中のパトカーにパッシングをしたという。パトカーが左によけると追い越して前方に回り込み、停車させた。パトカーに乗車していた署員が無線で応援を呼び、男性巡査らが駆け付けた。「パトカーがゆっくり走っていたのでいらついた」と容疑を認めている。