車同士が衝突、軽の女性死亡 鈴鹿の国道23号交差点 三重

【鈴鹿】30日午前9時15分ごろ、三重県鈴鹿市白子3丁目の国道23号上の信号交差点で、津方面から北進右折しようとした鈴鹿市東磯山2丁目の無職女性(75)の軽乗用車と、四日市方面から南進中の松阪市嬉野黒野町、無職男性(72)の普通乗用車が衝突。女性は全身を強く打つ重体で鈴鹿市内の病院に搬送されたが、約9時間半後に死亡。男性も胸部打撲の軽傷で治療を受けた。

鈴鹿署によると、現場は片側2車線の直線道路上の交差点で、女性は右折レーンから道路を右折しようとして対向の乗用車と衝突。双方青信号だったといい、前方不注視が原因とみて詳しく調べている。