伊勢シーパラ、パネル持ち カワウソが年替わりPR 三重

【「令和二年」と書かれたパネルを持ち、年替わりをPRする「ひらり」=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で、人気者のツメナシカワウソ「ひらり」(雄、2歳)が「令和二年」と書かれたパネルを持ち、年替わりをPRしている。来年1月5日まで。

同館では、カワウソが手を使って隙間を探ったり物をつかんだりする習性を活用し、パイプから手を伸ばすツメナシカワウソと握手ができるふれあい体験を行っている。

以前、ひらりに遊び心でパネルを持たせてみたところ両手を使って上手に持ち、改元や季節のイベントをかわいらしくアピール。今回は、午後3時30分頃の握手体験終了後に実施する。

広報担当の岩山慎さん(36)は「元号が発表された時と同様に、ひらりが年替わりをお知らせします。たくさん写真を撮ってあげてください」と話していた。