津で初氷を観測平年より20日遅く 三重

【津】三重県の津地方気象台は29日、津市内で初氷を観測したと発表した。昨年より18日遅く、平年より20日遅い。この日の最低気温は午前6時11分の1・5度だった。

気象台によると、今年は南からの高気圧の勢力が強い影響で北から寒気が下りず、暖かい日が多い。今月の津市内の平均気温は平年より1・6度低い9・4度。大みそかから元旦にかけては一時的に平年より寒くなるが、今年はおおむね暖冬傾向という。