アジア大会で3位 レスリングU15の神谷選手、いなべ市長に報告 三重

【日沖市長(右)にアジア3位を報告した神谷選手=いなべ市役所で】

【いなべ】U15アジアレスリング選手権大会で銅メダルに輝いた神谷龍之介選手(大安中3年)が27日、三重県の日沖靖いなべ市長に「インターハイや国体で優勝できるよう頑張りたい」と語った。

4歳から地元の「いなべレスリングクラブ」に通い、小学6年で初の全国優勝。今大会が初めての国際試合だったが、巧みな駆け引きを武器に男子フリースタイル68㎏級で3位入賞、日本代表の座を獲得した。

神谷選手は「海外選手は粘り強く、技術だけなくパワーも必要だと感じた」と振り返り、日沖市長は「海外選手との試合は良い経験だったと思う。応援しているので、これからも頑張ってほしい」と激励した。