全国高校駅伝 四日市工、県高校新で15位 三重

【全国高校駅伝男子 先行する八千代松陰(千葉)の選手をとらえる四日市工のアンカー・小林丈留=西京極陸上競技場で】

男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会は22日、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に男子が7区間42・195キロ、女子が5区間21・0975キロのコースで行われ、仙台育英(宮城)が2015年の世羅(広島)以来となる男女同時優勝を果たした。

男子はラストスパート勝負を制して2時間1分32秒で12年ぶり8度目、女子は1時間7分0秒で2年ぶり、最多に並ぶ4度目の頂点に立った。三重県勢最高位は男子15位の四日市工でタイムは県高校新記録の2時間3分50秒だった。

男子は記念大会として各都道府県代表に各地区代表11校が加わった58校、女子は各都道府県代表の47校が参加した。県内からは県高校駅伝優勝の男子・四日市工と女子・四日市商、男子東海高校駅伝を制して東海地区代表となった伊賀白鳳が出場。伊賀白鳳は2時間7分42秒の39位、四日市商は1時間15分14秒の42位だった。

県男子2校の同時出場は第16回大会以来54年ぶり。伊賀白鳳に2014年3月まで勤務し、12年に62歳で死去した町野英二前監督らと駅伝の指導に関わった経歴を持つ四日市工の松尾政臣監督は「三重県のレベルアップを目指してこられた町野先生への恩返しにもなれば」と話した。