三重県産ヒノキで学習机 亀山・ノッティハウスリビング ウッドデザイン賞受賞 三重

【櫻井市長(右端)に受賞の報告をする(左から)林店長と坂専務=亀山市役所で】

【亀山】国土緑化推進機構とユニバーサルデザイン総合研究所など3団体が主催する「ウッドデザイン賞」を受賞した、三重県亀山市加太中在家の三栄林産(坂英哉社長)の住宅建築・家具製作販売を扱う「ノッティハウスリビング事業部」の坂成哉専務(47)と林佳織店長(45)は19日、亀山市役所の櫻井義之市長を表敬訪問し、受賞の喜びを報告した

応募総数413点の中からライフスタイル部門で受賞した同事業部が開発した、「木に学び木と育つ子」をコンセプトに県産材のヒノキを使用した子供用学習机「木のこ」は、子どもたちに天然木に触れることで自然を敬ってもらうのが目的。

坂専務は「今後は、ヒノキ材だけでなく、スギなど他の素材とも組み合わせ、地元亀山の木を材料に提供したい」と話した。櫻井市長は「新しいライフスタイルを提案して、さらに次へのチャレンジに期待している」と祝福した。