伊勢理容美容専門学校 全国大会で金賞など7人 知事に報告 三重

【理美容甲子園で2年連続金賞を受賞した鈴木さん(後列右から2人目)ら=三重県庁で】

理容美容専門学校に通う学生の全国大会「理美容甲子園」で入賞した伊勢理容美容専門学校(三重県伊勢市八日市場町)の学生七人が16日、県庁を訪れ、鈴木英敬知事に受賞の喜びを語った。

大会は11月に宮城県で開催。全国から予選を勝ち抜いた712人が参加し、理容▽美容▽ネイルアート▽ヘアデザイン画の4部門で技術を競い合った。同校からは東海地区代表として14人が出場し、7人が各部門で金賞や銀賞、優秀賞を受賞した。

この日、学生らは大会で製作したデザイン画などを持参し、県庁を訪問。理容部門のミディアムカット種目で2年連続金賞に輝いた2年の鈴木朝陽さん(20)は「去年とは違うプレッシャーがあったが、仲間や家族の支えで受賞できたと思う」と語った。

鈴木知事は「技術や感性を磨き、理容師・美容師を目指す後輩の目標となれるよう頑張ってください」と激励した。

鈴木さん以外の受賞者は次の皆さん。(敬称略)

理容部門クラシカルバックバリエーションセット種目、金賞中村翼▽銀賞吉田望愛▽美容部門カット種目、優秀賞松田竜悟▽同部門アップスタイル種目、優秀賞西村明莉▽ネイルアート部門、優秀賞奥山藍梨▽ヘアデザイン画部門、優秀賞吉永翔一